言葉のリハビリの専門家|資格を取得することは大切|セラピストとして働くには

資格を取得することは大切|セラピストとして働くには

男の人

言葉のリハビリの専門家

2人のレディ

応募資格をよく確認しよう

言語聴覚士を養成する学校は、大きく分けると高卒で入学できる3年制以上の専門学校、4年制大学、大卒者を対象とした2年制の専攻科などがあります。そのほかにも指定科目を履修した大卒者や他の医療資格を持つ者を対象とした1年制の専攻科などもあり、応募資格が様々なため、事前に募集要項などを見て確認しておく必要があります。言語聴覚士は言葉や聴覚、口腔やのどに関するリハビリテーションの専門職で、病院などの医療機関をはじめ、福祉施設などで勤務することができます。リハビリテーション関係の資格の中では比較的歴史が浅いですが、多方面に需要があることから言語聴覚士を養成する学校の数も多くなりました。大卒者が入学するケースが多いため、言語聴覚士以外にも社会福祉士や介護福祉士、教員免許など他の資格・免許を既に持っている人が多いのも特徴的です。

学びをスムーズにしよう

言語聴覚士の養成学校は高校を卒業してすぐに入学する人よりも、大学を卒業した後や社会人を経てから入学するケースが多く、年齢層も様々です。大卒者や社会人が言語聴覚士の養成学校への入学を検討する場合、通信制大学等の科目履修生でリハビリテーションや生理学、統計学、社会福祉などに関する科目を履修しておくと、入学後にその既修単位が認定されることもあります。認定されない場合であっても、いわゆる予習になるので養成学校での学びがスムーズになるでしょう。なお、資格取得には養成学校を卒業して国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格率は医療系の資格の中でもやや低めですが、試験対策を行っている学校も多いためしっかりと学べば十分合格できる可能性が高まります。