資格を取得することは大切|セラピストとして働くには

婦人

言葉のリハビリの専門家

2人のレディ

言語聴覚士の養成学校は様々な応募条件があるため、募集要項で確認が必要です。言語聴覚士は病院や福祉施設で勤務することが多く、多方面での需要が高いです。大卒者が入学することが多いため、既に他の資格を持っていることも多いのが特徴的です。大卒の場合は既修科目が認定される場合もあります。

もっと見る

子どもが大好きな人は

レディ

小さな子どもが大好きで、子どもと関わる仕事がしたいと思ったら幼稚園教諭がおすすめです。幼稚園教諭になるためには大学または短大で免許状を取得しなければなりません。最近は大学や短大で、幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を取得できる学校が増えています。

もっと見る

知識と技術の裏付けに

エステ

必ずしも必要ではない

セラピストと一口に言っても、その名前の指す職業は非常に広範囲にわたります。ボディに関係するもの、心理に関係するもの、エネルギー系のものと大別されますが、近年ではより広範囲に治療や癒しなどに関係する職業もセラピストと呼ぶことがあります。そのため、資格といっても非常に幅広い分野にわたります。基本的に、セラピストとして働くのに資格はいりません。ほとんどの資格は、独占資格ではなく、知識や技術の裏付けとなるものであり、なくても働くことは可能です。ただ、臨床心理士は大学を卒業し、大学院も修了しなければとることができない資格です。臨床心理士は医療行為に近い仕事ができる資格のため、取得の難易度が高くなっています。

目的にあわせて選んで

セラピストとして働きたいと思うならば、きちんとした知識と技術の裏付けがあるという証明のために資格をとっておくに越したことはありません。しかし、どんなものでもとればいいというわけではありません。目的によっては、資格よりも経験が重要となるものもあります。マッサージや整体など、ボディ系のセラピーを行いたい場合などは経験の方が重要視される傾向にあります。そのため、目的をしっかり考えてから取得するかどうかを決めるとよいでしょう。どれをとったらいいかわからない場合は、すでに専門家として働いている人に聞いてみたり、通信制スクールの窓口などで聞いてみたりするのもおすすめです。基礎を学ぶのも重要ですが、応用の仕方も考えるべきでしょう。

介護業界のお仕事

2人の女性

年齢に影響されずに就職でも有利に働く資格が、介護福祉士です。国家資格ですが、専門学校や大学へ通い受験資格を得る方法、実務経験を積んで受験資格を得る方法があります。筆記と実技試験が課されるので、深い専門知識を有する必要があります。

もっと見る